ママぴよ留学

ママ、たまには休んだら?

育児中のママは大忙し。
休める時間なんて全然ありません。
特にワンオペ育児のママは、周りにちょっと子供を預かってもらうことを頼める人も環境もないのです。
それでもかわいいわが子の育児、絶対手は抜きたくないのが親心というもの。
そんなジレンマの中、心身ともに疲れ果てたお母さんも多いのではないでしょうか。

南の島で育児の息抜きをしながら親子留学できちゃうんです

親子留学とは

親御様とお子様が一緒に海外で語学留学に参加するのが「親子留学」。欧米圏だけでなく最近では様々な国で英語の留学ができるようになってきました。その中でも英語が第二公用語と言えるほど国民に浸透していて、且つ滞在費が安く日本からも非常に近い「フィリピン」は、留学先として近年大変な注目を集めており、留学を目的とした日本人の渡航は年々増加傾向です。

「親子で語学学校に通うパターン」、「親御様は語学学校+お子様は幼稚園や小学校に通うパターン」、「お子様だけ語学学校で親御様はレッスンを受けない付き添いパターン」など、様々な親子留学のパターンが用意されているので、様々なニーズに対応できます。また多くの親子留学受入校ではレッスンをカスタムメイドできます。親子留学に参加されるお子様の年齢は2歳〜10歳ぐらいが一般的で、それ以上の年齢になったお子様は単身留学される方も多いです。

親子留学は最短1週間から1年を通じてどの時期でもお申し込みが可能です。また親御様ももちろんお子様も、全く英語が話せない初心者の方からの受入が可能ですので、優しくてホスピタリティの高いフィリピン人教師から初心者の方でも楽しく英語が学べます。お母様の中にはご自身が英語を話す事が長年の夢だったとおっしゃる方も多く、ご自身のレッスンと同時に、お子様を海外生活に触れさせることや語学スキル向上といった複合的なメリットが親子留学では期待できます。

幼児期の海外留学が与える影響

言語は男女の差はありますが1-2歳で発話を始め(その前も吸収はしています)その後急速に臨界期の15歳ぐらいまで言語獲得をしていきます。幼児期に海外生活をする第一の影響は言語への影響といって間違えないでしょう。
母語(日本語)以外に触れる言語の発音(母音等)は幼少期に触れておくと途中で言語が喪失されても聴覚での知覚と、発話の時の発音で有効に機能する場合があります。
そして第二には文化として異文化の人と触れる多様性への受容が育まれるということがあります。個体差である性格でも人見知りの人と、フレンドリーな人がいるわけですが、環境要因として多様な文化、出自の人と触れるとその後の生育の中で多様な人への受容の態度を自然に身につけられるようになる可能性が高まります。

野田 浩平

株式会社ココロラボ 代表取締役
野田 浩平 博士(学術:認知科学)

留学は、貴重な体験と成長のチャンス

私が働いたフィリピンの幼稚園では、個々の文化や多様性がとても尊重されており、先生も親も子どもを比べたりすることがありません。互いを評価する言葉掛けもしておらず、結果子どもたちの自尊心を育むことへと自然と繋がっているように見えました。子どもたちは受け止めてもらえる安心感から、自信を持って自分の力を十分に表現することができていました。
日本で子育てをしていると、人の目を気にしすぎて子ども本来の姿を受け入れられず、無理なことを押し付けてしまう事も多い、という悩みをよくお母さんから聞きます。フィリピン留学を通じて、ぜひこうした異文化の幼児教育の考え方に触れることをお薦めします。その経験から子どもを見る目線が変わり、関わり方が変わり、子どもの伸びやかな成長へとつながることもあると感じます。
海外に出ると、日常を離れた解放感からふと肩の力が抜けることがあります。そうしてそこにゆとりや気づきが生まれます。『ママー!みてー!』の言葉に、普段は忙しいからと後回しにしていたことも、ゆっくり耳を傾ける時間ができるでしょう。そして普段とは違う関わりの中から、子ども本来の姿に気づき、秘めた力を感じることでしょう。
フィリピンでの英語留学は、ただの語学の勉強だけではありません。親子が新しい自分と親や子への関わり方を、心のリラックスによって気づき・学び・発見することができる、貴重な体験と成長のチャンスなのです。

幼稚園教諭:小谷 紀子

児童英語教師 / 幼稚園教諭:小谷 紀子

ママぴよ親子留学の特徴

ポイント1 安全

国連のデータでは強盗発生率は米国や英国の1/15、カナダの1/10!実はフィリピンは他の留学先より安全。町には大きな病院もあり、病気やケガにも日本語で対応。

ポイント2

費用

お母さんもお子様も英語のレッスンを受けて、親子で1週間10万円から留学が可能。フィリピン留学では寮や食事、洗濯もセットになっているので楽ちんです。

ポイント3

親子とも英語レッスン

フレンドリーな先生から楽しく英語を学べる、外に出て大自然の中遊びながら体験学習できるプランも。お母様の留学という夢も実現。

ポイント4

0歳児からOK

熟練されたベビーシッターが安価でご用意できますので、お子様が0歳でもお母様のみのレッスン受講も可能です。

ポイント5

育児からの解放

お母様は英語のレッスンだけでなく、エステやマッサージお買い物やレストランなど、しばし育児の手を離れリフレッシュタイム!

ポイント6

親子で旅行気分

南の島フィリピンだから、綺麗な海でのマリンスポーツはもちろん、滝や山、離島への冒険、天然温泉など楽しみは無限大!

今すぐ相談する

海外初めての私が一人で子供を連れて行けるかしら

大丈夫です。ご安心ください

日本から近い

日本から飛行機で4~5時間、時差も1時間。
フィリピンは日本から最も近い南国リゾートです

安心の空港ピックアップ

現地空港からは学校スタッフがピックアップ。
不慣れな海外旅行でも余計なストレスがありません

日本人学校マネージャーによるケア

学校には日本人スタッフが常駐していて安心。
どんな相談にも日本語でお答えします

弊社セブ在住スタッフが丁寧にサポート

ママぴよ留学専属の現地スタッフによって
渡航準備や現地でのサポートもLINEで丁寧にご案内

外国に興味を持ち、英語を身近に感じてくれるようになりました。中西馨理さんおやこ

トライシクルに乗る親子

今年の夏休みは子どもたちと私で思い切って海外に行こうと思い立ち、大好きなアジアで英語にも触れ合えるネグロス島と田舎にある学校に行くことに決めました。
道中交通トラブルもありましたが、心優しいフィリピン人の方々に助けてもらいながら学校に辿り着いてみると、日本人のスタッフが笑顔で迎えてくださり、ほっとしたことを覚えています。
約10日間の滞在中、子どもたちと私は、遊びが組み込まれたプログラムで楽しく英語を学ぶだけではなく、朝から晩までプールに入ったり、自然を堪能したり、現地で仲良くなった友人たちと遊びに行ったりと、日常とはかけ離れたバカンスも過ごすことができました。
子連れだったため、体調を崩したときに日本人のスタッフがいる学校というのは心強かったです。また子どもが英語を学ぶにあたり、子ども好きで一緒に楽しんでくれるフィリピン人の先生たちに教わることは、垣根なく英語と文化に触れられてるとてもいい環境だと感じています。
今年の夏以来、子どもたちは外国に興味を持ち、英語も身近に感じてきたようです。上手に泳げるようにもなりました。子どもが小さいうちに一緒にできるかけがえのない経験をすることができました。家族全員また行きたいと思っています。

真っ白な砂浜と透き通る海に囲まれたリゾート地で親子揃ってリフレッシュ!小沢秀美さんおやこ(女の子7歳、女の子3歳)

お母さんと女の子2人

子供に様々な文化や考え方を知ってほしい。そして私自身も毎日育児に追われる環境に変化をつけたいと思い、下の子が3歳になったのをきっかけに2週間の親子留学をすることを決めました。
行き先はフィリピンのボラカイ島。ここは真っ白な砂浜と透き通る海に囲まれたリゾート地なので、マリンアクティビティや海を見ながらのマッサージ、夜には海辺のレストランで留学仲間と食事をしたりと、学校での勉強だけでなく子供も私もリフレッシュできました。フィリピンは街中もすべて英語なので、お買い物や遊びの中でもしっかりと生きた英語のレッスンができます。3歳だった下の子は日本ではほぼ英語を話しませんでしたが、お友達に「See ya!」「Hi!」など自然に挨拶をしたり、私と7歳の上の子は仲良しの韓国人の友達ができたりと想像以上に充実した2週間になりました。
そして今は韓国人の友達に会いに子供達と韓国に行く予定を立てています!
子供達と私だけでの親子留学は不安もありましたが、勇気をだして行動したことで素晴らしい出会いや世界が広がりました。子供達もまたボラカイ島に行きたいと言っているので、次はどんな経験ができるのかとても楽しみです!

海外で自分だけの自由時間を持てるなんて驚きました!栗原晃子さんおやこ

お母さんと娘と息子

今回の語学留学は友人に教えてもらい参加しました。その友人家族と現地で合流し、授業や放課後の遊び、外食、温泉やプールなどへの遠足、子供たちは毎日もう楽しくてしかたない、私も本当に楽しい日々を過ごしました。子供の授業では英語を遊びながら学び、英語は机上の勉強でない、コミュニケーション手段だということを知る良い一歩になったのでは、と思います。私自身は久しぶりに英語にふれ学習し、そして午後一人の時間ができて(子どもは午後も授業がある)、びっくり嬉しく、隣のバーにビール飲みに行ったり、市場へ買い物に行ったり・・・海外で子供を預けて一人自由時間を持てるというのは、考えてもいなかったので嬉しかったです。
放課後の時間に、校長先生が庭のプールで手作りジントニックを片手に浮輪でプカプカ浮いているのを見て、やってみたい!と、私も真似してみました。見上げるとココナツの木と青い空、白い雲、いい気分でしたよ~。学校ののーんびりした雰囲気が伝わるでしょうか?笑
スタッフの方たちには現地のことや授業についてもいろいろ気軽に教えてもらえて、心あたたかく、とても居心地よかったです。
子どもがまだ小さく手のかかるお母さんこそ、行ってみることをオススメしたいです。

これを見せてバッチリ!

パパに相談しよう

親子留学

最近親子で留学される方が増えてきています。
親子留学のメリットは、お母様もお子様も同時に英語を学べることですが、
ママぴよ留学では育児疲れのお母様のリフレッシュという部分を重視したセレクトで学校をご紹介しています。
留学後のお母様がまた生き生きと育児生活に戻れるように、年に1度のリフレッシュ旅行やご褒美旅行としてもご利用いただける、新しい語学留学の提案をしています。

費用(一ヶ月)

一ヶ月あたりの費用

安全

ドゥマゲッティの街

ドゥマゲッティ、セブ、ボラカイの町の治安状況は極めて良好です(夜1人で出歩いても問題ないレベル)。スリや置き引きなどの軽犯罪には要注意ですが、基本的な海外旅行レベルの警戒感で十分です。
ほとんどの学校には、ゲートや防犯カメラ、警備員常駐など、セキュリティ対策が万全です。万一の病気やケガの時も、町の総合病院で先進医療が日本語通訳付きで受けられます。

お子様の海外体験

早期に海外経験することは、大人の何倍も物事を吸収できるお子様達にとって、大きな成長につながります。真の国際人としてのデビューとしても障壁の低い「~5歳ぐらいまでの未就学児」のお子様にこそ、お子様の負担も小さい上に留学効果も非常に大きく、ママぴよ留学では最も推奨しております。

ママへのご褒美

女性がマッサージを受けている

旦那さんからママへ、年に一度のご褒美旅行としても最適です。ママぴよ留学では、留学中にママがリラックスできる特典をご用意しております。詳しくはお申し込み特典を御覧ください。

ママぴよおすすめ学校一覧

極上のリゾートの町、海も山も公園も自然いっぱいの学園都市、適度に発展した便利な街。選べるエリアで学校も滞在も自由自在

ドゥマゲッティエリア
建物とプール

ビーチフロントで究極のリゾート留学

306,000円(4週間、親子2名料金)(親 1:1 3時間 / 子 1:1 3時間 + 遊び 2時間 )

  • 日本人経営
  • 最大15人
  • 現地校プラン
  • キッチン
  • ベビーシッター
  • スイミングプール
  • レンタルサイクル

海を眺めながら英語の勉強ができるだけでなく、熱帯魚いっぱいの綺麗なビーチが学校の目の前にあるので、シュノーケリングや潮干狩りまで楽しめる、まさにリゾート留学の究極系がここにあります。
最高の自然環境だけでなく、教師の質や独自のカリキュラムもかなりハイレベルで、特にお子様が楽しく学べる体験型レッスンには定評があります。周辺環境は特に安全で、海も山も温泉も、自然がいっぱい。
エステやマッサージ、バーなどが利用できるリゾートホテルが点在している為、リゾートホテルホッピングはお疲れのママを癒やすのにピッタリのアクティビティです。

広い庭と校舎

広いガーデンは遊びの宝庫!
町にも出やすいバランスGoodな学校

265,000円 (4週間、親子2名料金)(親 1:1 3時間 / 子 1:1 3時間 )

  • 日本人経営
  • 最大30人
  • 現地校プラン
  • キッチン
  • ベビーシッター

緑いっぱいのガーデンには大きな木の下でヤギや鶏が歩いていたりハンモックがあったり、とにかく小さなお子様が走り回って冒険するのにちょうどいいサイズの庭があります。
ベビーシッタも付けることができ、ママは気兼ねなく自身のレッスンや自由時間に使うことができます。
人気の現地校通学プランでは、お子様が現地プライベートスクールで現地の子どもたちと一緒に英語で学ぶ事ができ、お手軽な早期国際交流が可能です。
ドゥマゲッティという海の見える町のリラックス環境と、カフェやレストラン、スパなど多数ある環境がお好きな方は、リフレッシュ出来ること間違いなし。

セブエリア
校舎

セブ空港近くの海が見える多国籍で自由な学校

224,400円(4週間、親子2名料金)(親 レッスンなし / 子 1:1 4時間 + ベビーシッター 月〜金 8時間)

  • アメリカ人経営
  • 最大150人
  • ベビーシッター
  • スイミングプール

色んな国籍の生徒が集まるアメリカ資本の自由な校風の学校。
親子留学も盛んで、時期によってはお子様も多国籍な生徒配分でグループレッスンを受講できます。

校舎

日本の大手塾が運営する、
短期でも効率良く英語を学べるスクール

料金詳細お問合せ下さい

  • 日本人経営
  • 最大30人
  • 現地校プラン
  • キッチン
  • ベビーシッター

セブシティの便利なエリアに位置する学校。
子供の専門家である塾が運営しているからこそできる、初心者向けの洗練されたカリキュラムと、質の良い教師陣によるレッスンは特筆もの。
親子でしっかり英語の勉強もしたい方向けの学校です。

ボラカイエリア
学校の建物

世界一のホワイトビーチがある小さな島で
リゾート親子留学

約350,000円(4週間、親子2名料金)(親子共に 1:1 1時間 & グループ 2時間)

  • カナダ人経営
  • 最大100人
  • 現地校プラン
  • キッチン

フィリピン屈指のリゾートエリアから少し外れた程よい田舎っぽさが残る高台にある学校。
インターナショナルスクール併設で親子留学の受入も盛んですが、一番のメリットは海!とにかくリラックスできる美しいビーチが徒歩圏内にあり、常夏のフィリピンでは年中海水浴が楽しめます。

代表の想い

私たちは、セブ島に住んで5年がたちました。その間にセブで出産をし、現在3歳の息子を育てています。
日本の友人からは、ワンオペ育児の苦労や仕事と育児の両立の大変さをよく耳にします。その度に感じる日本のママは疲れている、すべてを背負い過ぎているという感覚。もっと力を抜ける場所があれば。フィリピンでの子育てと日本での子育ての違いに驚くばかりです。ある日、ふっと思いました。ママも子供もみんなフィリピンへ来てみたら笑顔が増えるに違いない。フィリピンに流れる空気感、英語環境、ベビーシッター制度。すべてがママと子供にとってプラスでしかないのではと。
そして、立ち上げたのが『ママぴよ留学』です。

ママぴよ留学は、セブで現地エージェントとして仕事をしている自分たちだからこそできる、ママと子供が満足できる環境での英語学校をご提案します。もちろん英語を学ぶのだけが目的ではありません。日本で時間に追われているママがリラックスし、お子様は海外経験をすることで英語への抵抗をなくし、グローバルな感覚を身につけてもらう。
ママと子供だけでの初めての海外で不安がある方も、フライト購入から現地での生活などすべての面でサポートさせていただきます。現地在住者目線、ママ目線で何でもお答えさせていただきます。
留学後にママも子供も笑顔があふれ、今後の人生に少しでも影響を与える事ができたらというのが、私たちの願いです。

TRANSITフィリピン留学サポート
留学コンサルタント/アドバイザー
串田 真理

>>TRANSITフィリピン留学サポート webサイト

お申し込み特典

全身マッサージ無料特典プレゼント(60分)

育児や勉強で疲れた体をほぐす、オイルマッサージの60分無料券をプレゼント!身も心もリラックスしてください。※ お申込みの学校から近い、提携ショップでのご案内となります。コースなどは選択できません。

マッサージを受けている女性

ベビーシッター1週間無料プレゼント

育児で手が空かないママの手から、ちょっとだけ育児をヘルプ! リフレッシュしたら夜はしっかり抱っこしてあげてください。※ 月曜〜金曜、8時〜17時の間の、ベビーシッターとの契約時間のみ無料提供。リクエスト不可な場合や追加料金が必要な場合があります。

女性と走り回る子供

リゾートホテル 無料宿泊券プレゼント

週末でご利用いただける、語学学校の近くの弊社指定リゾートホテルの宿泊券(1泊2日)をプレゼント※ 弊社指定のツインorダブルベッドの1部屋のみのご提供です。ホテルやお部屋タイプの指定リクエストはできません。※ 時期によってリゾートホテルが満室の場合は、リゾートホテルではないシティホテル等へご案内する場合もございます。

リゾートホテル
powerd byTRANSITフィリピン・セブ島留学サポート

ページの先頭へ戻る