【セブ留学 体験談】Mishimaさん [TARGET]

2016.12.01

この記事は約3分で読めます。

セブ留学 体験者

お名前
Mishimaさん(20代、男性)

学校
TARGET

期間
2016.12月、2weeks

目的
苦手な英語の克服

 

寮生活

部屋によって電波も部屋の見た目も差があります 同じ棟でも差はあるかな ANNEXという授業のある棟とは道路はさんで別の棟は授業のある棟よりもキレイですね 僕は1週ずつどちらも滞在しました。
シャワーはとにかく出ない(浴びるというより湿っていくかんじ) Wi-Fiはほぼ問題なし 料理はそこまで悪くないけどたまにハズレの日あり(将来は改善しそう) お酒持ち込み禁止、フィリピンで買った服の洗濯禁止(色移り防止?僕は手洗いしました)
僕は安宿野宿なんでもこいなのでそんなに不満なかったんですよね。笑 今年の頭にTARGET入校して今回2回目、っていってた同じ日入校の友達が飯うまくなってる!って驚いてたので今年かなり改善したのかもしれません。

スタッフ・先生の対応

これは文句ないです!先生がほぼ女の先生だからか授業で恋愛のこと話しがち、ってくらいですか。みんな親切だしすごくよかったなー オーストラリアのワーホリについてはなんかしてくれるわけじゃない(聞いたら教えてくれる)けどその情報につられてやってきた生徒がオーストラリア情報めっちゃもってるから、生徒同士の情報交換でオーストラリアワーホリのことはたいていわかると思います。

カリキュラム

入校初日のテストでランク分けされてそのランクがよいとレベル高い授業を受講できます ランクは計6ランク(上中下がさらにそれぞれ上下に) 僕は中の上のランクとして先生をあてがってもらいました。上の上、上の下は在校生の中にもほとんどいないって言われました。

TARGET5 というトータル7コマの標準カリキュラムがベストです 8コマは多いしあんま数こなしても成果ないです グループ授業はかなり質がよい(中の上だからかも) マンツーマンはどのジャンルもテキストがいまいち(日本の高校とかで使いそうな平凡な内容) 英文法を英語で習うので初心者理解不能(現在形と現在進行形の使う場面の違いは?とか英語で聞かれてわかってても違いを英語で答えられるわけがない 答えられないと文法の授業始まって時間のムダ)

マンツーマンのメリットは自分の口で話す機会を得られる、ってことくらいでマンツーマンで何か知識を得たことはほぼなかったです たいていはすでに日本語で習ってて知ってること もちろん細かな発見はありますがそれは最初の2週間とかで十分発見しつくせるカリキュラムいまいちでしたねー何をもってスピーキング重視ってアピールしてるんだろう。発音の矯正は日本より的確に訂正してくれるので(日本がくそ)僕はほぼ発音の練習と自分の語彙をひたすら話して発音や文法がいけてるか試す、って授業スタイルにしてました。でもこれ他校でも変わんないような。絶対ライティングしてね!とかの縛りがない学校とは変わんないかな。自分で授業をマネジメントしないと自分の身にはならなさそうです。

総合評価

A 食事 ・・・ 4
B 先生の質・・・ 5
C 清潔さ・・・ 3
D設備・・・3
E WIFI・・・4

所感・総評

教えていただいた甲斐もあって良くも悪くも予想通り英語力を伸ばすことができました。スピーキング重視、というよりかは他の語彙や文法などは自力でやってね、という感じでしたかね。語彙や文法がしっかりあれば授業の質にはかなり満足できる気がしました。

この時期は社会人が多いかな、という印象で、授業外はもっぱら日本人同士の会話でためになる話を聞く、もしくは飲みやごはんにくりだす、という生活でした。おかげで土地勘が身につきました。

個人的には2週間がちょうどよかったかな、長くても1ヶ月、それより長く滞在することをオススメしているTARGET生はあまりいませんでしたね。もちろん英語に長く触れる、ということは大切ですがいかんせんマンネリしてしまうという問題があるようです。でも長期滞在組はそれなりに楽しんでいそうでしたけど。