【セブ留学 体験談】Etori さん [GLANT]

2016.06.01

この記事は約2分で読めます。

セブ留学 体験者

お名前
Etoriさん(30代、女性)

学校
GLANT

期間
2016.6月、4weeks

目的
趣味

 

寮生活

インターン生の日本人の女の子との2人部屋でした。
私は朝型、彼女は夜型と、生活リズムが違っていたので、シャワーや洗面室を使う時間がお互いに異なっていたのが良かったです。私は早く就寝するので、夜、音を立てないように気を使ってくれていました。勉強はお互い、校内の事務室に併設されている部屋でしていたので、寮は寛げるスペースとして使えました。

学校生活

一日6コマ、週5日、一ヶ月通いました。
中学、高校で学んだ英語も忘れ、初心者レベルからのスタートです。
>個人的な意見ですが、初日のレベルチェックテストの出題方法が偏っていると感じました。“文法”はで4択から解答を選ぶので答え易く、“単語の意味”の質問は選択問題ではなかったので難しかったです。結果、まぐれで文法問題を正解でき、文法の授業は必要ないだろうとの学校側の判断で、ボキャブラリー中心のカリキュラムを組みました。今、振り返ると、偏りなく多様な授業を受けるべきだったと思います。(←当時は文法の授業がなくてラッキーって勘違いをしていました笑)
>私と価値観の似た先生との授業で、テキストを使うと共にフリートークもできたので、私に必要と思えるボキャブラリーを増やす事ができました。

レジャー・外出

実は、校長のススさんは、元サルサダンスのインストラクターで、お願いすると、毎週水曜にメキシカンレストランで開催されているサルサナイトに連れていってもらえました!
お客の割合はフィリピン人、外国人が半々くらい。ヨーロッパやアメリカからの旅行者も多く、よく話しかけてくれるのでリアルな英会話ができます。
ラテン音楽を聴き、他の人が踊るのを見ているだけでも楽しいですが、元インストラクター•ススさんが英語で踊り方を教えてくれてるので、サルサが初めてでも簡単なステップで踊れるようになります!

総合評価

A 食事 ・・・ 4
B 先生の質・・・ 4
C 清潔さ・・・ 3
D 設備・・・3
E WIFI・・・3

所感・総評

学校で勉強すると、先生と合わないような気がしたり、この授業内容で良いのか不安になったりすることがあります。
学校のインターンの方に相談するのも良いですが、エージェントのTransitさんは、沢山の学校の生徒の色んなパターンの悩みを知っているので、ベストな解決策を教えてくれました。学校修了後も、自習の方法で大変お世話になっています^^