ホームステイプランのある学校で ワンランク上の英語漬け

2019.04.16

この記事は約6分で読めます。

24時間英語シャワーを浴びるために、ホームステイプランを有効活用

『レッスン中はもちろん英語をしゃべるだろうけど、日常の生活でもどんどん英語を使って、自然に英語がスラスラでてくるまで特訓したい。英語漬けの生活をしてみたい。』と考える方は、フィリピン留学を検討される人には、とても多くいらっしゃるようです。フィリピンは日本からたった4時間半というとても近い国ですが、それでも海外は海外。せっかくの海外での留学生活ですから、日本人とばかり仲良くなるよりは、フィリピン人や他の国籍の人と仲良くなりたいと考えるのは自然の流れではないでしょうか。

今回の特集では、そんなフィリピン留学でも、フィリピン人や欧米人と一緒に生活をともし、とことん英語のシャワーを浴びることができるホームステイプランのある学校を特集します。

ホームステイプランのある語学学校

フィリピン留学では、ホームステイが一般的な欧米留学とは違って、ほぼすべての学校に生活の場である「寮」がついてきます。そしてほとんどの場合、学校と寮は同じ施設内、或いは至近距離に位置しています。便利ですが、それでも生徒は学校と寮を行き来して生活することになりますが、そんな生活の中にもしっかりと英語環境を取り入れたい、という方にオススメしたいのはホームステイプランのある学校です。

ホームステイプランの良いところは、日常で実践的に英会話を話す必要があるので、生活に密着した生の英語を発する練習ができるということでしょう。「今日ご飯はいりません」「ドライヤーを貸して頂けますか」など、どういったら丁寧に話せるか、逆に自然にフランクに聞こえる英語の文章になるか、といったことが、生活の中で自然に身についていきます。

またホストにもよりますが、週末にどこか遊びに連れ出してくれたり、パーティーを開催したりするホストもいらっしゃるようです。

クラークフィリピン留学院

クラークフィリピン留学院でのホームステイ

ネイティブスピーカーの宝庫であるクラークの街で、本格的なホームステイを提供しているのが、クラークフィリピン留学院です。こちらでは、現地に住む欧米人、オーストラリア人やニュージーランド人のご家庭宅に滞在して、学校に通学するというプランが選択可能です。
クラーク留学院ホームステイプラン

講師以外に、欧米留学のように完全にホームステイで受け入れていらっしゃる欧米人のご家庭も選択可能となっています。だから、より実践的な英語力を磨くことができます。
クラーク留学院のホームステイ

主に閑静な住宅街にある、欧米人の豪邸なので、住居レベルも全く問題なく、生活に違和感はほぼ感じる事は無いかと思います。ホストとの関係性によって状況は変わるものの、概ね人好きで気さくなホストばかりですので、ホームパーティや家族の団らんの時間はもちろん、休みの日に観光スポットに連れ出したりしてもらえるかもしれません。生きた英語、サバイバルイングリッシュを鍛えるチャンスは無限にあるのがホームステイプランの良いところです
クラーク留学院のホームステイ

クラークフィリピン留学院のホームステイ情報はこちら

Paradise English Boracay

パラダイスイングリッシュボラカイでのホームステイ

世界一のビーチを擁する天国の島、ボラカイ島でホームステイ体験。現地フィリピン人と結婚したイギリス人の先生のご自宅にホームステイをして、ご家族と一緒に生活することができますので、学校を離れてもホームステイ中は24時間の英語環境。お部屋はしっかりプライベートスペースが確立されているものの、リビングルームやポーチ、ガーデンなど、共有エリアでのんびりと過ごすことができ、そういったリラクゼーションタイムでもご家族とのふれあいの中で、自然と英語に触れていられることができます。
Paradise English Boracayのホームステイ

そして、忘れてはいけないのが、このお宅から徒歩1分のところには、なんと美しいビーチがあります。しかもボラカイ島で最も有名なホワイトビーチではなく、島の裏手にあるタビサンビーチというビーチなので、人も少なく穴場的な良さがあります。このビーチで毎日飽きるまで泳ぐこともできますし、海の生活を満喫することができるでしょう。また泳がなくても、美しい海は、眺めているだけでも、波音を聞いているだけでも、十分なリラックス効果がありますので、学校でしっかり勉強した脳をクールダウン、思い思いのチルタイムを過ごされてみてはいかがでしょうか。

Paradise English Boracayのホームステイ情報はこちら

ユニバースイングリッシュスクールセブ

ユニバースイングリッシュセブでのホームステイ

講師と一緒に、一軒家に寝泊まりします。ホームステイ先はセブシティのバナワというエリアで、州庁舎や病院のあるアップタウンからもほど近い場所。学校からは車で20分程度、生徒は毎日講師の車でバナワの家まで通学しますので、安心です。
ユニバースイングリッシュセブのホームステイ

ホームステイでは何かと治安や安全面での問題がつきまといますが、フィリピンの中でも比較的裕福な家庭の生活水準での生活の中で生活できるので安心です。地元の方のご家庭に滞在するプランではないですが、講師と一緒に生活をともにすることで、幼い間に英語環境や異文化に触れておくという目的には十分な体験が可能です。将来柔軟な思考を持てたりサバイバル能力を養いたいという方などにオススメしたいホームステイプランです。
ユニバースイングリッシュセブのホームステイ

滞在中は、3食の食事が提供され、食後もホストマザーが予習、復習を手伝ってくれます。授業は月曜日から金曜日までが8時間授業、土曜日は4時間授業となり、土曜日の半日と日曜日はホストファミリーと一緒に過ごします。学校への登下校もホストマザーが車で送迎してくれますので、朝から晩までホストマザーがビシッと勉強のアシストをしてくれる上に安心です。
                                                       
実際に留学された中学生の女の子も、「最初はホストマザーの話す事が聞き取れず、全く理解できなかったけど、段々と日が経つにつれて理解できるようになってきて、最終的には授業が終わったらいち早くお家に帰りたいと思ったほど」ということです。きっとホストマザーの人柄とか親身さが気に入って、とっても仲良くなって、異文化交流を心ゆくまで楽しまれたのでしょう。ホームステイに関して言うと、ホストのキャラクターや、人付き合いの良さなどは、細かなケア以上に重要な要素だと思います。最低限のケアはしっかりしてくれても、無愛想だったり全く話さなかったら意味がないですから。
ユニバースイングリッシュセブのホームステイ

ユニバースイングリッシュスクールセブのホームステイ情報はこちら

ETHOS(エトス)

エトスでのホームステイ

セブシティの外れにあるネイティブ講師が多数在籍している語学学校です。この学校のホームステイプランは、アメリカ人オーナーのご家庭や、その親族のご家庭にホームステイするプランです。個室と相部屋がありますが、朝食もついていたりリビングルームで映画の上映会をしていたり、とにかくお話好きのご家族と一緒に、家族の団らんさながらのコミュニケーションを取ることが可能です。
エトスのホームステイ

また、オーナーのバリーのお宅へのホームステイの場合は、学校直結とも言えるほど近い場所にありますので、レッスンの合間にお部屋に戻ることも十分可能です。費用はやや高いですが、本場の生きたネイティブの英語を生活の中で学ぶには、もってこいの環境と言えるでしょう。
エトスのホームステイ

ETHOS(エトス)のホームステイ情報はこちら