日本からセブへ書類(郵便物)を送るのにおすすめの方法

2020.07.11

この記事は約5分で読めます。

今回の記事では、「日本→セブ島」へ急ぎで荷物を送りたい時に便利なサービスをご紹介します。

留学中などで、「セブ島→日本」へ荷物を送りたい場合の記事ではございませんので、悪しからず・・・。
(セブ島→日本 の場合は、荷物の大きさにもよると思いますが、「郵便局」で「EMS」の一択ではと思います)

blog20200711_top

さて、今回セブに住む私に課せられたミッションは「日本からセブに戸籍謄本を送る」というミッションでした。現在のセブはロックダウン(ECQ)中にあり、いつものように自由な外出ができないので、局留めではなく、自宅までダイレクト配送で届けてもらう必要がありました。

セブへEMSで送った場合、郵便局留めになるので、わざわざダウンタウンにある郵便局まで取りにいかなくてはならず、しかも荷物が局留めになってからもしばらく放置されたり、果てしないタイムラグが生じます。そもそも現在郵便局が開いているのかもわからない状態なので、郵便局を使う手は選択肢から真っ先に外しました

◆ てっとり早く
◆ 確実(安全)に
費用も安く

届けたいという3条件を満たすのは一体どの方法で送るのがベストなのでしょうか。
早速調べてみました。

1, DHLのサービスを利用

有名なドイツの物流会社DHL。
領事館の担当者の方にとても丁寧にご教示いただきました。

その方のお話によると、
「よく利用する郵送サービスはDHLで、今このコロナ禍でも3日ぐらいで届きましたよ」
とのことでしたので、早速調べてみました。

今回は戸籍謄本のみだったので、0.5kgの封筒サービスを基本的な条件として比較します。

その結果、DHLの料金はこちら。
スクリーンショット 2020-07-10 17.47.19

Express World Wide 6,922円

た、たかいー。。。
紙切れたった一枚送るのに、7,000円近くもかかるのか。
まあ仕方ないっちゃ仕方ないけど、思っていた以上に高いなあ!!

しかも、到着が7月20日になってる、ということは、10日間もかかることになります。
それではちょっと遅すぎるかな・・・

DHLのWEBサイト
https://www.dhl.co.jp/ja/express.html

DHLのお見積りツールはこちら
https://mydhl.express.dhl/jp/ja/home.html#/getQuoteTab

2, FedExのサービスを利用

こちらはDHLよりもっと有名な、世界最大手のアメリカの物流会社、フェデックス。

FedExを使うと、一体いくらぐらいかかるでしょうか・・・。
スクリーンショット 2020-07-10 17.45.16

FedEx International Priority 6,439円

さっきのDHLよりは少しは安くなったものの、まだまだ高いですね。
でも、7月11日に出して、14日に到着ということなので、たった3日で到着することになります。
安心とスピードを買うと思ったら、仕方ない部分もあるのかな・・・。

FedExのWEBサイト
https://www.fedex.com/ja-jp/home.html

FedExのお見積りはこちら
https://www.fedex.com/ja-jp/online/rating.html

3, UPSのサービスを利用

最後に、もう一つ町中でトラックをしょっちゅう見かけるUPSについても調べてみました。
UPSは先述のFedExやDHLと並ぶ国際貨物航空会社で、世界中にネットワークを持つアメリカの大手物流会社です。

私は、セブの空港へ向かう途中、マンダウエ市を抜ける時にUPSの支店があることも知っていました。セブ島に直営の支店があるというのは大きなポイントですね、安心です。

ではUPSを利用した場合は、いくらぐらいになるのでしょうか。
スクリーンショット 2020-07-10 17.49.36

UPS Express Saver 3,038円

え、ちょっと!! すっごい安い、DHLやFedExの半額以下
しかもDHLよりも早く届く!

7月10日に出したら、14日には到着というので、4日で到着することになります。
いやー一応調べてみるもんですね・・・。

UPSのWEBサイト
https://www.ups.com/jp/ja/Home.page

UPSのお見積りツール
https://wwwapps.ups.com/ctc/request?loc=ja_JP

まとめ

さて、今回の結果は以下の通り。

費用 到着までの日数
DHL 6,922円 10日間
FedEx 6,439円 3日間
UPS 3,038円 4日間

もちろん今回の「日本からセブへ戸籍謄本を1部送る」という利用ケースの場合では、UPS一択でした。

私の実家は大阪府の田舎の市なのですが、UPSの場合は「集荷対象エリア外」ということでした。ですが、ちゃんと代わりに「クロネコヤマト」が玄関先まで集荷に来てくれましたので、全く問題ありません!大阪市内の方の方であれば、いくつか支店があるので、持ち込み出荷も可能なようですね。

ただ、集荷の場合は、自分でラベルをA4で2枚、プリンタ出力する必要がありますので、最低限のITリテラシーは必要かもしれません。

他の荷物や、重量、税金などの兼ね合いで、もしかしたら得意不得意分野が出てきて、DHLやFedExの方がメリットが大きくなる場合も考えられますが、もし目的が書類のみの場合は、UPSで良いと思います。

今回の経験が、どなたかのお役に立てましたら幸甚です。