ちょっと変わったフィリピン土産特集

2019.05.08

この記事は約14分で読めます。

ちょっと変わったフィリピンのお土産

ちょっと変わったお土産特集

フィリピンに旅行や留学で来たら、ショッピングするのも楽しみの一つではないでしょうか?

スーパーなどで売り場を歩いていると、日本とはまた違った商品ばかりで、ギョっとするもの、あっと驚くもの、などなどただ歩いているだけで時間が経つのも忘れるぐらい楽しいものですよね。

そんなショッピングで買うものというと、日用品や自分が消費するものがほとんどでしょうけど、帰国が迫ってくるとちょっとずつ増えていくものとして、家族や友人、職場の同僚などに買って帰るお土産があるのではないかと思います。

フィリピン、セブのお土産で有名なものと言えば、ドラインマンゴーとかパパイヤの石鹸など、ありきたりなものも多いです。しかし、ここ最近センスの良い一風変わったお土産も沢山出始めています。

今回はそういった普段あまりスポットを浴びない、ちょっと変わったお土産を特集します。

食品系

チョコレート

フィリピン産チョコレート
実はフィリピンは、カカオの名産地でもあるんです。しかも、世界でもレアで評価の高い品種も生産することができるため、希少価値の高いチョコレートが作れるのです。
しかし、いまいちチョコレートの生産地としては、一般人には広まっていません、大体がタブレアというココアドリンクの元のようなもので消費されているようで、これに発酵等の数工程で美味しいチョコレートになるのに、非常にもったいないです。ですが、ここ数年はチョコレートの有用性、美味しさが注目されはじめ、技術的にも改善されてきており、以前に比べてかなり美味しいチョコレートを作れるようになってきました。
(写真:Tablea chocolate 109ペソ @kultura)

IMG_9399
こちらはチョコレートではないですが、チョコレート風味の後述のポルボロンのようなお菓子。すごくもろく、ボロボロになってしまいますが、その分口溶けはよく結構美味しいです。そしてなにより安いのがGOOD!バラマキにも重宝します。
(写真:Choc★nut peanut milk chocolate 49ペソ @kultura)

Cacao Nibs(カカオニブ)

カカオニブ
カカオニブとはカカオ豆を砕いて殻を取り除いただけの、チョコレートの原料です。カカオニブはスーパーフードと呼ばれ、日本でも一時話題になりました。栄養価がずば抜けて高く、チョコレートよりもちろん純度の高いカカオを摂取できるため、ポリフェノールやリグニン、テオブロミンなどの栄養成分を無理なく摂取することが可能です。ストレス解消や抗酸化作用、動脈硬化防止の役割が期待できます。
そのまま食べても良いのですが、ピュアカカオニブは少し苦味がありますので、日本ではクラッシュしたカカオニブをシリアルに掛けたりして食べるのが、一般的のようですね。
(写真:Davao Cacao Nibs 169ペソ @kultura)

バナナチップ(変わった味付け)

バナナチップス
フィリピンといえば!というほど有名な特産品「バナナ」。そんなバナナを使ったお土産はいかがでしょうか。

まずは、バナナの果実をフライしたものです。JOVY’Sというバナナチップが日本の雑誌で取り上げられたため、一時期品薄になるなど大変人気になりましたが、JOVY’Sはパッケージは良いのですが、輪切りの厚切りで歯ごたえが結構しっかりしたものですので、個人的には好みではありません。

それよりも、薄くパリッとした食感でフライされたバナナチップスが個人的な好みです。すごく甘いものから、バナナなのにしょっぱい味付けがされたものもあり、バナナチップス界の奥の深さと可能性を感じています。先日見つけたのは、スモーキーBBQ味という奇想天外な、バナナの概念を覆す商品ですが、これが意外な美味しさです。完全にポテトチップスの雰囲気で、クリスピーでサクッとした食感にしょっぱい味がついているので、違和感はゼロでした。
バナナチップスはお店によって、ローカルっぽいものから洗練されたデザインのものまで、それは沢山の種類の商品がありますので、お好みのものを探してみてください。
(写真:Sabanana Banana chips 49ペソ @kultura)

バナナケチャップ

バナナケチャップ
バナナはスナックだけでなく調味料にしたものもあります。
それが、世界的にも珍しいバナナケチャップです。第二次世界大戦中にトマトケチャップが品薄になり、その代用品として比較的安定した生産量があったバナナを原料に開発されたのが、バナナケチャップ誕生のきっかけです。

口当たりよく、甘い味付けで、フィリピンの子どもたちだけでなく大人も大好きなバナナケチャプ。
ピザやホットドックにつけたり、フライドチキンや目玉焼きにつけたり、ケチャップの代用品なので、ケチャップが合うものなら何でも合いますよ。

日本人の口には・・・正直ケチャップの代用品としてはあまりにも甘すぎるので、合わないと思います。
しかし、例えばミートソースやボロネーゼを作る時や、ナポリタンを作る時など、トマトソース系甘めのパスタには合うと思いますし、オムライスにかけたりもOKだと思います。また、オーロラソースを作る時や、お好み焼きにソースと一緒に塗ってみても美味しいかもしれません。
(写真:DelMonte Extra rich Banana Ketchup @Countrymall)

ROSQUILLOS

Rosquras
とても素朴な味のシンプルな味のビスケットです。これをセブ土産に買って帰るフィリピン人も多いそうで、パッケージデザインのクオリティの高さも相まって、人気のセブ土産となっているようです。一度食べ始めると、止まらない止まらない・・・普通に美味しいですよ。濃厚なクッキーでなく素朴なマリービスケットのようなお菓子が好きな方には、きっと合うと思います。

Pili nuts(ピリナッツ │ ヒマラヤソルト味 / チョコレート掛け)

ピリナッツ
Pili nuts(ピリナッツ)は日本ではあまり知られていないナッツです。フィリピンをはじめ、インドネシアやマレーシアなどに自生する珍しい植物です。マカダミアナッツのような濃厚な味わいですが、柔らかくてちょっとふわっとした食感になります。ですが、カシューナッツのようなオイリーさはなく、意外と後味はスッキリしているナッツです。

Pili Nutsはスーパーなどで簡単に買うことができますが、スーパーで売っているのは、キャラメルが掛かった甘いものです。後述しますが、Kulturaですとヒマラヤンソルトだけで味付けされたものや、スパイシーソルトで味付けされた珍しいものも取り揃えています。とっても美味しいナッツでおつまみにピッタリですし、しかも日本ではかなり珍しいので、喜ばれること間違いなしです。
(写真:Vicky’s Pili Coffee Toast 129ペソ @kultura)

パイナップル・マンゴークッキー

パイナップルクッキー・マンゴークッキー
これは個人的にバラマキ土産で一押しの商品です。全て個包装されており、職場や沢山の友達にいっぺんに渡す、つまり通称バラマキ系のお土産で効果を発揮します。一箱に1ダースほど入っており、職場であればこれをパインとマンゴーひと箱ずつ置いておけば、もうお土産を渡すという役目は果たせます。便利なだけでなく、ドライフルーツが練り込まれたクッキーは、味が非常によく、クッキー自体もパッケージも日本のクオリティに近く、あまり違和感を感じずにいただける商品になります。おすすめです、Kulturaで買えます。
(写真:Soft Cookies 49ペソ @kultura)

ポルボロン

ポルボロン
こちらも小麦粉の焼き菓子です、日本で言うちんすこうのようなもので、ちんすこうをもっとボロボロにしたライトな食感のお菓子。お口の水分を全部持って行かれるような粉々したお菓子ですが、それでもいろんなフレーバーがあり、とても美味しいです。おすすめはgoldilocksというケーキ屋さんで売られている、透明袋のアソート。ウベ(紅芋)、チョコ、ピーナッツ、カシューナッツなど6種類の味が色々と透明の袋に入っており、小分けにされているので、バラマキにも使えるお土産です。
(写真:Polvoron @goldilocks)

インスタント麺

インスタントラーメン
インスタントラーメンをお土産に・・・、と考える方も結構多いようです。安くて軽くて現地の料理っぽい味をお土産として手軽に日本の友達にシェアできるので重宝します。賞味期限も割と長いものが多いのもメリットですが、品質上油焼けしてしまったものもたまにあるのはリスクがありますね。

Lomi(ロミ)

ロミ
私がフィリピンで一番好きな麺料理のひとつLomi。本物の麺はうどんのような食感で、あっさり味付けされた、少しとろみをつけたスープに野菜がたっぷりはいった麺料理で、どちらかと言うと中華料理に近い雰囲気です。でも本当にうどんそっくりなので、胃もたれやフィリピン料理がダメで食傷気味になってしまった方にも、ぜひおすすめしたい一品!
(写真:Luckey Me! Special Lomi 11ペソ @Countrymall)

Bacyoi(バッチョイ)

バッチョイ
バッチョイはフィリピン風ラーメンです。本物では生卵やチチャロン(豚の皮を揚げたスナック)、レバーなどの具が入るのですが、インスタントなので風味だけです。このスープにパンを浸して食べるのが本場風。でもそんな能書きはどうでもよくて、ちょっと日本人には変わった風味のするラーメンといった感じですが、癖はなくスッと美味しくいただけるラーメンなので、お土産にもピッタリです。
(写真:Luckey Me! La Paz Batchoy 11ペソ @Countrymall)

お酒(Don Papa / マンゴーリキュール)

フィリピンのお酒
フィリピンのお酒というとあまりイメージがわかないかもしれませんが、フィリピンの特産品「サトウキビ」を使ったラム酒やブランデー、ジンといったリキュールは沢山製造されており、フィリピン国内でも出回っており、大変よく飲まれています。特にEMPERADOR(エンペラドール)というブランデーは地元の人がビールの次に一番飲んでいるお酒なのではないでしょうか。私もEMPERADOR LITEにスプライトなどの炭酸ジュースで割って飲んだりしますが、味はあま~いです。

また、最高級フィリピン産のお酒ということで、フィリピンの駐在さんなどのお土産として重宝されている、「DonPapa(ドンパパ)というラム酒もあります。こちら値段はかなり強気な設定になっており、1,000ペソを軽く越えるものもあるのですが(日本のサントリーのウイスキーやジョニ黒なんかよりも高い)、これが意外にも日本のファンも多いそうです。人気の秘密は、その製造・原料こそ現地フィリピン由来のものですが、樽、パッケージ、コルク栓などのマテリアルは全て外国からの輸入品だそうです。こだわりにこだわった製品だから品質も高いですが、お値段もかなり高いんですね。
お酒好きなお父さんや、お得意様など、大切な方へのお土産として、奮発されてみてはいかがでしょう。
(写真:Don Papa Rum 1,599ペソ @kultura)

グッズ・ファッション系

キャラクターグッズや絵本(Peppa Pig / LOL / アベンジャーズ など)

キャラクターグッズ
世界的には誰もが知ってる有名なキャラクターでも、日本ではまだイマイチ人気が浸透していないものも沢山あります。

Peppa Pig

Peppa pig
PappaPig(ペッパーピッグ)はイギリス生まれの豚を主人公にしたアニメです。そして今やイギリスを中心に世界中のキッズ達を虜(とりこ)にしています。一時に比べブームは落ち着いた感はありますが、今でも子どもたちはPeppaPigがとても好きで、フィリピンのおもちゃ売り場でも必ずと言っていいほどPeppaPigのおもちゃを見かけます。

Peppa pig絵本
PappaPig(ペッパーピッグ)には英語の絵本もとてもセンス良いものが沢山販売されており、日本で英語の勉強前のお子様へのプレゼントにするのも良いですし、英語を学習し始めたばかりの小学生なんかでも、ちょっとした勉強にはなると思います。なにより可愛いですのでもらって嬉しいですし、ちょっと本棚に置いておいても良いですよね。

LOL Surprise

LOL
こちらも世界中で現在人気に火がついている、女の子向けのおもちゃ。ここ数日フィリピンでも人気すぎて品薄状態が続いています。人気の秘密は、コレクター心をくすぐられるので、服やアクセサリーだけでなく、それぞれのキャラクターに設定されたペットもあるそうで、これでは一度始めたコレクションを辞めるわけにはいきません。日本でもタカラトミーが権利を買ったということで、日本でも徐々に人気がでて来る可能性はあります。

ファッション系

ファッション系
フィリピンでファッション、あまりピンとこないかもしれません。ですが、おもしろい掘り出し物や、珍しいブランドなどがあります。

Super Dry

superdry
聞き覚えあるけど、それってビールだよね?って思った方がほとんどではないでしょうか。
世界的に有名でここフィリピンでも取扱があるのに、訳あって日本では展開できないブランドがこのロンドン発祥のSUPER DRYというブランド。サッカーのデイビッド・ベッカムが好んで着ていたことで人気に火がつき年間450億円を売り上げるビッグブランドです。日本語の文字一つ一つをデザインと捉え、デザイナーが配置する漢字や平仮名はあまり意味のないものが多く、なによりブランドロゴにデザインされた、「極度乾燥(しなさい)。」からして意味不明です。日本人の通常の感覚を持っていれば「うわ、ダサっ」と思う方がほとんどだと思いますが、それは意味がわかるから。文字の形をデザインとして美しいレイアウトをしていると思えば、その文字もかっこよく見えてくる・・・?ライセンスの問題で訴訟問題となったため、日本未出店のため、ちょっとめずらしいお土産にいかがでしょうか?(ただし、こう見えて一流ブランドなので、ふざけて買って帰れる金額ではないのでご注意。)

White Goldで売っているTシャツ

Robinson Galalliaの近くにある、White Goldモールで売っている、ふざけたTシャツがちょっとかわいいです。キン肉マンや、ストリートファイター、ガンダムなど、おもしろくあしらったTシャツが人気です。こちらはふざけて買って帰れる金額ですので、ぜひ掘り出し物を探し出してみてください。
※ブランドコピー的な商品もありますので税関で没収される可能性があります。自己責任でお願いします、当サイトでは一切責任を負いません。

Park mallにあるグッズ

Park mall=パークモールの2階には、そこは悪いあなたのためのお店が迷路のごとくひしめいています・・・
買う買わないはあなたの自己責任で!ただ、あまりセブにはない「根切り」交渉の駆け引きを存分に楽しめます。英語の実践にも!
※ブランドコピー的な商品もありますので税関で没収される可能性があります。自己責任でお願いします、当サイトでは一切責任を負いません。

UkayUkayで売ってる服

UkayUkay=ウカイウカイと呼ばれる店は、古着屋さんです。セブを歩けばどこにでもウカイウカイはあります。
ここで販売されている古着、実は中国や韓国など外国から調達した服がほとんどで、中には日本の服が大量に仕入れられているお店も多いです。しかも、ちゃんと選別されていない事も多く、ギャルソンやポール・スミスといったハイブランドのシャツなどが普通に300ペソぐらいで売られている事もしばしば。服が好きな方であれば、とんでもないお宝が激安で手に入るチャンスかも!お土産ではあまり使えないかもしれませんが、自分へのご褒美として掘り出し物を探してみてもおもしろいかも。

コスメ系

コスメ系
数は少ないですが、女性が好きなコスメ系もいくつかあります。

ココナッツリップバーム

IMG_9433
ココナッツから精製したオイルを配合したリップスティックやバーム。ちょっと甘い香りはココナッツ固有のもの。金額も高くないですし、女友達などに気軽に渡せるアイテムとして重宝します。
(写真:Coco Body Lip Butter 99ペソ @kultura)

ナチュラルソープ

パパイヤソープ
こちらはナチュラルな素材を使用した、石鹸です。炭、グレープフルーツ、ペパーミント、パパイヤ、グヤバノ(抗癌効果があると言われるフルーツ)、カラマンシー(フィリピンのすだちみたいなフルーツ)、モリンガ(フィリピンの奇跡の植物と人気が高まっている葉)などのフレーバーがありますが、特にパパイヤを使ったものが人気で、潤いの効果も高く独特の甘い香りも特徴的とか。ちょっと高価ですが、いつ見てもパパイヤ石鹸は売り切れてます。
(写真:The Tropical Shop Papaya Soap 149ペソ @kultura)

ハンドソープ

fc4730ce6696227d0c1e959f658e2876
人気のハンドソープ、香りが良く、これをお土産にリクエストする友人もいたぐらいです。ヒューマン・ネイチャーの商品は、オーガニックでは恐らくないですが、どれも一応天然素材を意識して開発されている商品になりますので、スーパーなどで売っているケミカル100%のものよりはマシだと思います。

お土産で困ったら、ここに行け!

お土産選びで、もし困った時は、ここで探しましょう!

Human Nature

髪につける以外の用途がいまいちわからない「ひまわり油」で人気になったお店。いかにも女性が好きそうなお土産が多数取り揃えられていて、見ているだけでも楽しいです。

Kultura @SM City ユニクロの隣(SM Seaside)

ここで紹介したお土産は、大体ここで揃います。とにかく他ではあまり見かけない、センスの良いお土産が沢山売っていますので、ぜひ一度は行ってみて下さい。
SM City店

SM Seaside店

お土産屋さん @Gaisano Countrymallの1F

安くてチープな財布とか小物類が豊富に揃っています。

お土産屋さん @Ayalaモールの1F

スーパーの隣あたりにお土産物のブースがまとまったエリアがあります。
こちらもチープな小物類から真珠のネックレスまで、豊富に揃っています。

お土産屋さん @マクタンシュライン

安くてチープな財布とか小物類が豊富に揃っています。ここの土産物屋が実は一番安いという噂も。

まとめ

blog22-souvenir2019-15
いかがでしたでしょうか、何かあなたの気になるお土産は見つかりましたか?
ご紹介したパイナップルクッキーやポルボロンは、個人的にもよく買って帰るお土産の一つですので、是非お試しいただきたいです。またここには載せていませんが、ビールのおつまみには「チチャロン」が最適です(かなり臭いものもありますが・・・)。

「フィリピン土産、いつも迷う・・・」
「ドライマンゴーもちょっと芸がないなあ」

と思っていらっしゃる、ちょっと玄人っぽいフィリピンのお土産をお探しの方に、ちょうど良いお土産が見つかるきっかけになると嬉しいです。